本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
口づけは情事のあとで リンゼイ・サンズ
2016年10月04日 (火) 23:41 | 編集

口づけは情事のあとで (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション(ロマンス・コレクション))
2016/4/21
リンゼイ・サンズ (著), 上條 ひろみ (翻訳)

---楽天---




口づけは情事のあとで

リンゼイ・サンズ

サイは親友の出産に立ち会った帰り、夫を失ったばかりのいとこフェネラをマクダネルの城に見舞う。驚いたことにフェネラが夫を失うのは四度目で、みな結婚後すぐに亡くなったという。サイはフェネラを慰めるためしばらく城に滞在することに決めるが、翌日、湖で出会ったマクダネルの領主グリアと情熱的に愛を交わしてしまう。思いがけずプロポーズを受け、マクダネル領主夫人となった翌朝、何者かに矢で射られた。もしや、今度も領主夫人の座を得たいフェネラの仕業なのか?それとも夫が―?
————————————
copyright 2015
The Highlander Takes a Bride

「新ハイランド」シリーズ三作目です。
前半は、前の巻でめでたしとなった友人ジョーンへの祝福や次の巻への伏線などでキャラの登場で、キャラが多少ごちゃごちゃしている印象を受けますが、物語での絡みはないので初読でも楽しめるお話。
ただ、登場人物は、さらに増える。物語後半にはさらに男子7人兄弟がわらわらと押しかけてきて、てんやわんやの大騒ぎになる。
命を狙われるヒロインは、じっとしていられない娘で、そんな彼女を”俺が守る”と、ヒーロー&彼女の7兄弟が大暴れなのだ。
ホットなシーンも多めのお話。
男子7人兄弟の中で育ったあけすけでレディらしくない男前なヒロインながらも、とっても可愛らしい娘です。安心して読めるエンタメロマ。

あらすじ
サイ・ブキャナンとミュアラインは、ジョーンの出産を祝った。だが、そこでサイのいとこのフィネラの夫がまた亡くなったことを伝えられる。
フィネラの夫が亡くなるのは、この四年間で四人目だ。サイは、フィネラが最初の夫の暴力に耐えかねて殺してしまったのを隠匿するのを手伝っただけに…。
ミュアラインの兄が迎えに来たことで、サイは帰路の途中でマクダネルへ向った。

フィネラと話し合ったことで、彼女が夫を殺したのではないとわかったが、フィネラのためにもそばにいることに決めた。
だが、悲しみで涙にくれるフィネラをサイは理解できない。
同情心は持ち合わせているが、サイはヒステリーを起こしたり、だれかれかまわず泣きついたりしない。むしろ感情を表に出さずに耐えるタイプなので、フィネラをどう扱えばいいのかわからなかった。
サイは気晴らしに湖に向った。フィネラの夫アレンが亡くなった場所だ。すると突然、湖面に黒くてまるいものが現れた。
マクダネルの領主だ。彼は前に進み続け、じりじりと水位が下がるにつれ、胸があらわになり、つぎに腹部が、そして  

「そこに座ってぼけっとおれを見ているつもりか?」

「わたしには兄弟が7人いるの。男性の裸を見るのは初めてじゃないわ」


冒頭の経緯。傭兵から領主となったことに戸惑いながらも、レディらしからぬレディ・サイに惹かれ始める。兄弟の中で剣を振り回し、ドレスの下にイギリス人の男性が履くプレー(ズボン)を身につけて馬に乗る彼女に驚きつつ、欲望は増すばかり。
そして、欲望を始めて知ってしまったサイは自身が求めるままにグリアを求め、彼を翻弄する。サイの求めにグリア応じてしまうが、翌日7人兄弟がマクダネルの城に押しかけてきて…!?

財産を遺してもらえず、ひどい兄に頼るしかなくなった友人のミュアラインのことも心配なのだが、そのあたりは続刊で。ミュアラインはひとまず帰郷。
メソメソする従妹フィネラにイライラするサイだが、亡くなったアランの母・ティルダと気が合い話を聞くことで、アランの死に関して疑問が増えることに。一方、アダムと結婚したことで、命を狙われて…という定番の展開。
ヒロインの命の危機に対してヒーローはオロオロなのです。ヒーローがしょんぼりしているラストは可愛かった。

潤うよ……。お肌が。

******<新ハイランド>シリーズ******
約束のキスを花嫁に
愛のささやきで眠らせて
口づけは情事のあとで

海外ロマンス 読了一覧




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク