本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
ヴィクトリアン・ココア レディースメイドと銀の暗殺者 瑞山 いつき
2016年10月05日 (水) 19:55 | 編集

ヴィクトリアン・ココア レディースメイドと銀の暗殺者 (一迅社文庫アイリス)
2016/7/20
瑞山 いつき (著), 紫 真依 (イラスト)

---楽天---




ヴィクトリアン・ココア
レディースメイドと銀の暗殺者

瑞山 いつき

有能だけれど、ちょっぴり特殊な使用人が集まるヤードリー男爵の屋敷。ある日、そこで働くココア好きのメイド・フェイスは、危険な任務を命じられた。それは執事を目指すイケメン(ヘタレ)幼なじみライリーとともに、脅迫状が届いたステイシー一族の護衛をすることに! 緊迫の状況下、ついに敵が美貌の暗殺者ノアを送り込み……。って、撃退したのはいいけれど、敵のノアに口説かれたり、迫られるのはおかしくない!? それに、ノアが絡むとライリーが不機嫌になるのはどうして? 恋に鈍感な戦うメイドのラブファンタジー!
-------------------------

戦闘訓練の施設で育った訳ありメイドさんの推理物的なラブコメです。
ローティーンでも楽しめるような砕けた口調なので、ヴィクトリアンな雰囲気もメイドの地位に関しては詳細な説明ながらもなんちゃって感が強いです。その辺りの舞台設定にこだわりがある方はご注意。
事件解決まで奔走する戦闘能力の高いメイドさんなので、ロマンチックな乙女心を求めると外れます。
ラブが薄いうえに、主人公たちの事柄に関してかなり曖昧なままで、ちょっと物足りなかった。続刊があるなら、面白くなりそうだけれど、どうだろう?

あらすじ
フェイスにとってのココアは、生きる希望であり、幸せの象徴だ。
濃厚な甘さと、優しく包みこむようなカカオの香り、骨身に沁みる温かさ。

『いい子だから飲んでくれよ……ほら、温かいだろう? 甘いだろう?』

半泣きの少年の声が、『生きてほしい』と願ってくれたから  
(生きているよ。幸せだよ……テン)
■□■
社交界や軍事関係で知らぬ者はいないヤードリー男爵家に使えるフェイスは、幼馴染のライリーとともに、男爵に呼び出された。
ヤードリー男爵が私財を投じる「聖ジョンの館」で育てられた子供たちは、各方面で才能を見せつけ、それを証明させていた。この屋敷にいる若い使用人のほとんどは、その「聖ジョンの館」の出身者だ。

「……旦那様に拾っていただいてから12年です。16歳になりました」

「うむ。世界のすべてに怯えていた仔猫が大きくなったものだ」

ステイシー卿の屋敷で、未娘の婚約発表を目的とした宴が催される。人手が足りないので、うちの使用人を貸してくれないかと打診が来たというのだ。だが、本来の『仕事』は、脅迫状から令嬢を守ること…。


冒頭の経緯。令嬢ハリエット・ステイシーの側使えをすることになったフェイスは、政略結婚ながらもロバートとの結婚に夢をみるハリエットに好感を感じる。一方、ライリーは従僕としてロバートや屋敷の動向を探ることに。
そんなとき、ハリエットがロバートから呼び出しの手紙を受け取り…

フェイスが令嬢を守るために代わりに向かうと、謎の男ノアと戦うことに。かつての幼い頃の恩人テンを彷彿とさせながらも、飄々とフェイスを口説きにかかる彼の言動に、フェイスはヤキモキ&ムッキ〜!というドタバタ展開。
脅迫事件の真相はすっきりまとまります。
天然鈍感で戦闘能力の高いフェイスをめぐっての、幼馴染ライリーVS謎すぎる暗殺者ノアという構図なのだが、いろいろと謎なままで終わるので、今後どうなるのか、気になる。

エージェントコードとは多少舞台設定でつながりがあるようですが、物語上絡みはありません。単品でそれぞれ楽しめます。

瑞山 いつき 読了一覧

一迅社文庫アイリス 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク