本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
再会にご用心 アン メイザー
2016年10月08日 (土) 20:38 | 編集
再会にご用心【ハーレクイン・セレクト版】 (ハーレクイン・セレクト)2016/9/29
再会にご用心 ハーレクイン・ロマンス2008/7/20
アン メイザー、 青海 まこ

---楽天---




再会にご用心 

アン メイザー

五年前に別居して以来初めて、夫のデメトリが訪ねてきた。ゆえあって再婚するので、正式に離婚したいという。夫の浮気を許せずに家を出たジェーンだが、まだ彼を愛している。彼女はパニックに陥り、慰めようとした夫と愛を交わしてしまう。衝撃の再会から数週間後、妊娠が判明した。だが、再婚を考えている彼に言えるはずもない。悲嘆にくれているとき、デメトリから電話があった。「死に瀕した父が君に会いたがっている。ギリシアへ来てくれ」迷い抜いたすえにジェーンは承諾し、旅立った。いとしいデメトリと、彼の再婚相手が待つ島へ。(R2306)
----------------------
copyright 2007
The Greek tycoon's pregnant wife

大御所の晩年後期の作品。
2000年以降に多かった”もしかしたら禁断の〜”という関係ではなく正統派な展開なのだが、やっぱり他の作家とは一味違うね。
意固地になっていた彼が自分の間違いに気がつくまでの鬼展開なロマ。周囲の反対でうまくいかなかった二人なのです。

あらすじ
デメトリの父が美術品のブロンズを求めたときに対応したのがジェーンだった。デメトリはジェーンに反目していたが、あっという間に惹かれあい、結婚に至った。しかし、彼の子を妊娠している女性の存在を知ったことで、ジェーンは屋敷を飛び出し、それから5年が経った。突然連絡を求めてきた彼は、半ば強引に部屋に入り込んできた。
デメトリは目をそらし、ソファのクッションを撫でる自分の指に見いった。それから彼は顔を上げ、闇夜を思わせる瞳で妻を見つめた。
ジェーンは不安に駆られ、背筋に震えが走るのを感じた。

「離婚したいんだ。ジェーン」

今度は、ジェーンがデメトリの冷たい視線から目をそらす番だった。どんなに抑えようとしても震えが止まらず、彼に気づかれないよう願った。


冒頭の経緯。バスルームに閉じこもり泣き始めたジェーンにデメトリは動揺した。彼女が泣いたりするとは思わなかった。人生から彼を追い出すことができて満足すると思っていたのだ。
そして、二人は再開とともに熱い情事を交わしてしまった。
デメトリは母の勧める女性アリアドネと結婚し、病気の重い父に孫の顔をみせることを約束している。だが、ジェーンは彼の子を妊娠してしまった。彼の人生を壊すことはできないと、子供のことを告げるが悩むジェーンだが、そんな時、デメトリの父がジェーンに会いたいと求めてきて、ジェーンは彼の屋敷に再び足を踏み入れ…

イギリス人のジェーンが気に入らない義母の悪意に翻弄される人々。デメトリもジェーンに惹かれる自分を否定しながらも、求めてしまうことにジレンマ状態。
周囲の思惑に振り回されてきた二人なだけに、子供を産むことに協力するといってくれた母の存在や、息子の背中を押す彼の父の存在が嬉しい。
ハーレクインらしいエンタメロマ。
良いロマだった。

海外ロマンス 読了一覧




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク