本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
白いページ キャロル・モーティマー
2016年10月26日 (水) 12:48 | 編集

白いページ (ハーレクイン・セレクト)2016/4/26
白いページ (ハーレクイン・ロマンス (R326))1984/6
キャロル モーティマー (著)

---楽天---




白いページ 

キャロル・モーティマー

一流のモデルとして活躍中のベルベットは二十二歳の若さですでに未亡人だった。結婚後わずか半年で事故死した夫アンソニーの忘れ形見であるトニーが、今は彼女の生きがいだ。息子への愛と夫の思い出に生きようとするベルベットだが 実は、ショックにより、彼女の記憶からはそれに先立つ11ヶ月間が完全にぬぐい去られていた。苦しんだ末、ようやく空白の過去に慣れかけてきた彼女の前に 突然、かつて彼女の恋人だったと主張する見も知らぬ男ジェラードが現れる。(R326)
-----------------
copyright 1982
Forgotten Lover

キャロル初期作品の記憶喪失ロマ。
なんだかいろいろとスッキリしない、もやっとした話で、わたしの好みではなかったが大御所ということで一読するのもいいかもしれない。

あらすじ
モデルのベルベットは、撮影を終え、ポールから大会社のオーナーからの夕食の招待について念を押されたあと、エレベーターの方へ足を運ぼうとしたところで、男性に声をかけられた。
なんて素敵な男性だろう!
しかも彼はベルベットを知っているような様子なのだ。彼女のほうは全く覚えがないというのに。

「なぜ僕を知らないふりをするんだ?」

「知らないからよ。私をひっかけるつもりなら、ずいぶん古い手ね」

だが、大切な会食の客を見てベルベットは青ざめた。
ロビーで彼女を引き止めた男ではないか!
ジェラードは苦々しげに言った。

「だが僕は覚えている……はっきりと」


冒頭の経緯。「僕たちは恋人同士だったんだ」しかも始めての男性だったとジェラードに教えられ、ベルベットは混乱する。彼には娘ビッキがおり、怪我をしたビッキを助けたことで、彼と話すきっかけをもつことに。
ベルベットには息子トニーがいること、事故前後の記憶がないこと…
だが彼の反応はあからさまな拒絶だった。

というわけで、彼女を愛しているにもかかわらず、思い出してくれないヒロインに苦々しい思いをぶつけるヒーローと、戸惑うヒロインという構図です。
ジェラードには当時妻がいて、愛し合っている二人は結ばれることができなかったことなどが、あとから判明するのだが、その辺りの空白をヒロイン本人がスッキリ思い出すわけではないので、もやっとするのだ。
悪くないんだけどね、もやっと。

キャロル モーティマー 読了一覧

ロマンス 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク