本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
レディ・マリアーヌの婚約 3 宇津田晴
2016年11月22日 (火) 21:45 | 編集

レディ・マリアーヌの婚約3 (ルルル文庫)
2016/8/26
宇津田 晴 (著)

---楽天---




レディ・マリアーヌの婚約 3

宇津田 晴

騎士に憧れる少女マリアーヌは、失恋を機に王宮へ。そこで出会った第二王子ロベルトから下僕認定されるが、いつしか二人は思い合うように。強引なほど情熱的なロベルトの言動に、恥ずかしくも幸せいっぱいのマリアーヌ。そんなある日、マリアーヌの故郷で謎の盗賊団が現れたという情報が!その陰に、かつて王宮を混乱させた人物の気配を感じたマリアーヌは…!?過激に甘い恋人の愛に包まれて、男前少女が凛々しく大活躍!
——————————

2巻で終わって残念でたまらなかったのだが、5年ぶりに完結巻がでました!!おめでと〜〜!
(というか、ルルルの存続が心配だが…)
懐かしの王子&下僕&忠実なる執事のトリオでのドタバタが楽しい巻でした。
ただ、この巻だけで読んでも、月の石をめぐっての設定や、マリアーヌの初恋の失恋がわからないために、面白くもなんともないので、是非一巻から。

あらすじ
第一王女ミリエールの話し相手として王宮に滞在することになったマリアーヌだが、本来は故郷での失恋から普通のレディになるつもりでやってきた。だが、ロベルトに騎士であった過去を知られ、色々あって『下僕』認定を受けて彼の手足として動き、奔走する中で、お互い惹かれあい……今に至る。

「や、止めて下さい。ロベルト様が、私のことを好きでいて下さることだけでも、夢のようなのに、これ以上ドキドキさせられたら、どうにかなってしまいますっ!」

「どうにか、なればいいだろう」「俺がおまえを狂おしいほどに愛しく思うのと同じくらい、俺を好きになればいい」


冒頭の経緯。しかし、そんな二人に届いた知らせは、マリアーヌの父と兄からの絶縁状!?
そして、故郷にいる先輩からの手紙にはシノンで盗賊団が暴れているとの情報が。その先輩とやらの存在がロベルトは気にいらないようだが、マリアーヌの求めに応じてくれて…。

ロベルト激甘。マリアーヌの宝塚的な男義あふれる成分がかなり弱かったけれど、幸せそうだからなにより。
月のかけらの使い道も、やっぱりこうでなくちゃという王道で大団円。
かなりおまけ感が強い作品だったが楽しかった。

レディ・マリアーヌの秘密
レディ・マリアーヌの恋人 

宇津田 晴 読了一覧

ルルル文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク