本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
鬼へ鳴く月へ笑う 青暮波緒
2016年11月24日 (木) 13:03 | 編集

鬼へ鳴く月へ笑う (ルルル文庫)
2016/8/26
青暮 波緒 (著)

---楽天---




鬼へ鳴く月へ笑う

青暮 波緒

鬼を討つ役目「警鬼官」の痩月は、伝説の琴「鬼鳴琴」を持つ少女・紗雨を、むりやり鬼討ちに参加させる。共に過ごすうち、痩月は紗雨を好きになっていくが、出自への劣等感からその想いを封印しようとする。一方、紗雨も痩月に惹かれていくが、彼女には秘密があり…!?お互い孤独に生きてきた青年と少女の切ない恋を瑞々しく描く、異世界ファンタジー!第10回小学館ライトノベル大賞ルルル文庫部門読者賞受賞作!
—————————

鬼を退治する「警鬼官」の痩月と雪路の二人に、無理やり鬼をおびき出す役を引き受けさせられた紗雨だが、彼女には他に目的があって…。

読者賞受賞にてデビューの新人作家さんです。
読み切りのダークファンタジー。
ヒロインのヒロインの紗雨以上に、心に虚ろを抱える痩月の姿が見えてきます。物語の雰囲気はかなりシリアスですが、主人公二人が抱える暗い側面を彫り込みつつ、友人カップルのほのぼの感が対比するような構図で面白かった。
ダークな作品は商業的に少ない傾向になりがちなのだが、今後はどんな作風になるか楽しみ。

あらすじ
音色に霊威あり、その音は鬼の声ににて、鬼と鳴きあう。
国宝だが行方しれずとなった伝説の琴「鬼鳴琴」を鳴らすことができる一ノ木の末裔・紗雨を探し出した「警鬼官」の痩月は、嗚咽をこらえるように震える琴を持った儚げな少女の姿に戸惑ったものの、鬼帝発生にともない増加する雑魚について唐突に語りだした。

「一ノ木紗雨。俺の下で、琴を弾け」

低く告げたそれは命令だ。
続く彼の言葉に、歓喜とも悲嘆とも見える表情を見せた紗雨に、痩月は目を奪われたが、彼女が断る前に刀を一閃させ命じた。

「聞こえなかったのか?頷けと、言ったんだ」


冒頭の経緯。母を亡くしてから、薬師として生計をたててきた紗雨にとって、問屋の娘・灯乃は友人であり恩人である。その灯乃の許嫁であり幼馴染の雪路は、昨夜現れた痩月と同じ「警鬼官」の仕事をしており、紗雨と共に仕事をする仲間だという。だが、彼は年下の許嫁を心配し灯乃には内緒だと釘をさす。
早速、痩月と雪路につれられ、紗雨は鬼を集めるために琴を鳴らした。だが、音色の効果は…

さまよう弟を探すヒロインがメインかと思いきや、虚ろな部分を抱える痩月がメインでもあります。18歳の彼の成長が良いお話です。
友人カップルは、邪魔になるギリギリのさじ加減だったナ。弟くんの話をもう少し詳しく欲しかったと思わなくもない。
人物に対してはかなり気を使っているのを感じるのだが、風景が見えてくるともっとわかりやすいかな。後半はとくに感情にあわせた風景の描写がもっとあるといいな。
その辺りは今後の活躍に期待しています!
いい作品だった。

ルルル文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク