本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
領主を愛した代償 リン グレアム
2016年11月27日 (日) 14:44 | 編集

領主を愛した代償 (ハーレクイン・ロマンス)
2016/10/14
リン グレアム (著), Lynne Graham (原著), 山本 翔子 (翻訳)

---楽天---




領主を愛した代償

リン グレアム

貧しい家族の窮地を救うため、ポピーは夢をあきらめて、母の奉公先の領主館で家政婦として働いていた。だがある日、金目当てに母が領主館の醜聞を売り、激怒した主のガエタノから、即刻立ち退きを命じられる。ポピーは初恋の彼に許しを請うが、取りつく島もなかった。すると翌日、ガエタノに呼び出され奇妙な要求を突きつけられる。「きみの家族を救う代わりに、ぼくの偽の花嫁になるんだ」そんな…。でも、これは期限付き。長くは続かない。ポピーはやむにやまれずうなずくが、新婚初夜に純潔を捧げ…。(R3197)
——————————
copyright 2016
Leonetti's housekeeper bride

ポピーはゴシックファッションを着るちょっと変わったヒロイン。自分の劣等感を隠すためにはじめたファッション。
でも、ガエタノはそんな彼女を見下し、祖父が結婚を反対するものと思いこみ彼女を利用しようとするのです。
祖父を頑固呼ばわりしているけれど、明らかに祖父似の頑固なダーリンの鬼ロマです。
ストーリーは定番の展開。
安定のクオリティ。

あらすじ
ガエタノの家で開かれたパーティーでの写真が流出し醜聞沙汰になったこについて、祖父ロドルフフォの考えはガエタノを激怒させた。
”庶民の娘と結婚”することをCEOの地位を譲る条件にしたからだ。ぼくの私生活が、銀行家としての洞察力と知識にどう関係するというんだ?いったいいつから、妻子の存在だけが、男の価値と成熟度を測るものさしになったんだ?

父を亡くしてアルコール依存症となった母と、前科者となってしまった弟のために、ポピーは保育士の勉強をあきらめ家族を支えるために家政婦の母の仕事を代わりにこなしてきた。だが、ガエタノから解雇をつきつけられてしまった。
ポピーの両親は彼の屋敷で働いてきただけに、無情な彼の決断を覆そうとポピーは話し合いをしたが、にべもなくはねつけられた。彼には家族のために尽くす愛ということが理解できないのだ。

「だったら、なぜこんなことをしているんだ?まず自分の生活を第一に考え、家族の問題は家族に任せておけばいいんじゃないのか?」

「冷酷で人情味のない銀行家は、そうやって自分の身を守るのね」


冒頭の経緯。ポピーの窮状を知った彼は、祖父の言う条件の婚約者としてポピーに狙いをつける。ポピーなら彼の格式に合わないと祖父が反対するものと考えたからだ。だが、彼の意に反しポピーは祖父の愛した人のケーキを作り、祖父の琴線に触れ、祝福されてしまう。ポピーは自らの価値を証明したのだ…。

結婚式はいつだ?ということで、ガエタノは結婚し、念願のCEOの地位を手に入れるものの、彼女が倒れるまで自分の利己的な部分に気づかなかったことに敗北感を感じるという展開。

ガエタノはもう少し反省したほうがいいと思うの。もっと敗北感を味わってくれてもよかったわ!とツッコミながら読む本。さくっと楽しかった。

ちなみに、よくリンの作品には小型犬が出てくるのだマフィンって名前も何度かあった気がするのだが、名前の由来は食べ物じゃなかったw
ボロ服をまとった迷子”ラガマフィン”Ragamuffinからだった。

リン グレアム 読了一覧

ロマンス 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク