本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
情熱と裏切り ペニー ジョーダン
2016年11月30日 (水) 17:05 | 編集

情熱と裏切り (MIRA文庫)
2016/6/11
ペニー ジョーダン (著), 佐野 晶 (翻訳)

---楽天---




情熱と裏切り

ペニー ジョーダン

最愛の母を亡くしたコニーは、冷淡で意地悪な伯母夫婦に引き取られた。父や姉たちには会わせてもらえず、まさに灰色のみじめな日々。愛を渇望するあまり、コニーはある日、町の青年と駆け落ちをはかる。遠くアメリカに行けばきっと世界は開けるわ…すがるような期待を胸に、どうにかしてタイタニック号の三等切符を手にしたが、待っていたのは恋人の手ひどい裏切りだった。心身ともにぼろぼろに打ちのめされたコニーの前に、影のある見目麗しい青年ハリーが現れ―。ロマンス界の巨匠が紡ぐ、時代に翻弄された少女の愛と運命。
——————————
copyright 2004
Connie's courage

2011年に惜しまれつつこの世を去ったハーレクインの立役者ペニージョーダンの希少なヒストリカルロマンス。『この愛を諦め』のスピンオフ。アニー・グローブス(Annie groves)名義での近代を舞台にした作品です。
1912年英国の世界大戦の激動の時代の中で、ヒロインは運命に翻弄されながら強くしなやかに成長していきます。
前の巻以上にヒロインの成長に焦点を当てているのでヒーローとの接点があまりに少なく、ロマンスというには物足りない部分があるのだが、世界大戦や世知辛い世の中に翻弄されるヒロインの苦渋の人生は読み応えありです。
妬みやそねみをヒロインにも容赦無く盛り込む作者なので、恋に夢見た若さゆえの身勝手さや、その末路は波乱万丈です。だからこそ作者渾身の、めったにお目にかかれない記憶に残るストーリーではあります。
単品でも楽しめると言いたいところですが、前の巻で家族がバラバラになった経緯や、父親の再婚、姉との誤解が説明されているので、前の巻を読んでからのほうが楽しめると思われます。
流産や暴行など、バイオレンスな描写があります。苦手な方はご注意。

あらすじ
キーロンの伯父の名前を聞いて、コニーはたじろいだ。ビル・コノリーはどことなく邪悪で恐ろしいところがあった。でも、アメリカへ行けばあの男とも縁も切れる。

「キーロン、ばかなこと言わないで。あたしを愛しているのに!」

タイタニックに乗れば、何もかもよくなるわ!
コニーはキーロンと駆け落ちしたが、まっていたのは極貧の生活だった。コニーはキーロンの伯父ビルを恐れ、アメリカに行けば、二人の愛ですべてがうまくいくと一縷の望みをかけていた。
だが、キーロンはコニーの持ち物すべてを売り払った金を使い込み、人を殺したあげくタイタニック号のチケットは自分のぶんだけを手に入れ、コニーを置き去りにした。
コニーはその後、妊娠したことを自覚し、打ちひしがれた。未婚で子供を産んだ女性に対して同情する者はひとりもいない。
寒さに震えながら、コニーは毛布を巻きつけた。絶望と恐怖の涙がこみあげてくる。この部屋の家賃が払ってあるのは今週の終わりまでだ。そのあとはどうすればいいのか?


冒頭の経緯。ハリーは有名学校に就職したものの、彼の薄給では父を亡くした一家を支えることは困難だった。母と妹はうらぶれたアパートに住もうと考えたが、目の前で痩せほそった女性が暴力を振るわれた姿を目の当たりにし、顔をしかめた。結局、母は叔母の屋敷に住み込み、妹は看護師を目指すことになり、ハリーは母と妹の苦労を憂いた。
コニーは、産婆のマに助けられ、救貧院の病院で看護師を目指すことになった。救貧院という場所に抵抗を感じていたコニーだが、他に居場所はなく…

思春期的な反抗心を乗り越えコニーは立派な看護師に成長します。その後、ハリーと再会したものの、彼は他の女性と結婚、さらに第一次世界大戦や、スペイン風邪の流行による産婦人科での地獄絵図、生まれてくる子へのわだかまりに、ハリー行方や子供問題…。
機関銃の声真似をする戦争での後遺症に悩まされるデイヴィーの存在は、悲しくてとても大きかった。
次々に起こる怒涛の展開にラスト数ページまで終わる気がしなかったが、なんとかまとまってほっとした。
読み終わると、息をつめていたと気づく。
渾身の作品だと感じたが、やっぱり重かった。
ふぅ。

ペニージョーダン作品はこれでコンプリかしら?
これ以上ないほど情熱的なのに鬱々としているロマンス作家だった。
読み終わっちゃうのさみしい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/第一次世界大戦の犠牲者

ペニー・ジョーダン 読了一覧

ロマンス 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク