本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
薔薇のウエディングベル ベティ ニールズ
2016年12月01日 (木) 15:59 | 編集

薔薇のウエディングベル (ハーレクイン・イマージュ)
2016/10/14
ベティ ニールズ (著), Betty Neels (原著), 山本 みと (翻訳)

---楽天---




薔薇のウエディングベル 

ベティ ニールズ

看護師長のフィービーは、結婚退職を決めた看護師の妹に泣きつかれ、彼女になりすましてオランダの病院に勤務することになった。ボスで名医のドクター・ルシウス・ファン・ソメレンは、妹の話では少しぼんやりした仕事の虫ということだった。ところが、対面した相手は青く輝く瞳が印象的な男性で、すぐにフィービーが妹の替え玉であることを見抜いた。怒ることなく事情に耳を傾ける彼は、包容力のある大人そのもので、まだ本当の恋を知らないフィービーはかすかに胸をときめかせた。けれど、招待されて訪れた彼の家には、反抗的な幼い息子と、敵対心をあらわにした若く美しい家庭教師が待ち受けていて…。(I2440)
---------------------------
copyright 1973
Three for a wedding

”奇跡的に発掘された、ベティ ニールズの幻の未邦訳作品をお届けです!!”
ということで、あのまったりした作品がふたたび私の手に!
それだけで、感動!!
とはいえ、感動できる作品ではありません、ご注意。
しっかり者の長女27歳の恋を知らなかったフィービーが、ルシウス(34)と出会うことで淡い片思いの切なさを知り、愛を知るまでが繊細な文章で綴られます。
情熱的なハーレとはかなり方向性が違う作家さんです。作家の特徴などは、読了一覧をごらんください。
物忘れが多い、ちょっとぼんやりした雰囲気のオランダ人のドクターなのであります。
家庭教師の女が引っ掻き回し役の強烈な人物だったほかは、男性視点のない定番なベティ作品。
久しぶりにα波出た。wiki/アルファ波

あらすじ
フィービーより3歳年下の研修医ジャックからキスをされた。彼のキスはすてきだけれど、ぜんぜんわくわくしなかった。わくわくして当然なのでは?
そんなとき、フィービーにそっくりな妹が結婚したいと言いだし、オランダの病院に身代わりとなって行ってほしいと言いだした。小児科医のオランダ人の医師とともに行くことになるが、「彼は半分眠っていたようなものよ。わたしの顔を見もしなかったと思うわ」と妹はうけあう。
結局、泣き出した最愛の妹の頼みを引き受けてしまった。
フィービーは病院をやめる手配をすませると、ジャックは彼女が戻ってきたら結婚を申し込もうと考えていると聞かされた。全てが自分の望みどおりになるはずだと。そのときフィービーは悟った。確かに彼のことは好きだ。でも愛とはまったく違う。

小児科医のドクター・ファン・メレソンは、フィービーの想像していた人物とはまったく違っていた、大柄で肩幅が広く、しかもとても背が高い。そして心から驚いたのは彼がハンサムだったことだ。
彼はデスクに近づいて小さな手帳を取りあげると、何か書き込んでからポケットに入れた。

「僕はときどき少々忘れっぽくなるんだよ。一時間後に病棟で回診があるが、そのときには一緒にいてほしい」


冒頭の経緯。彼は眠っているようでも鋭くフィービーが入れ替わったことを見抜いた。彼は忘れっぽいところもあるが、ハンサムで優しくて、包容力のある男性だ。フィービーの胸はときめいた。彼の車でオランダに到着するころには、すっかりことの経緯を話していた。オランダの病院も悪くない。ところが、彼には息子がいるという。内心がっかりしたフィービーだが…

彼の屋敷に招待されることも増え、彼と少年パウルの関係を知り、仲良くなりたいと願うように。しかし、パウルの家庭教師(かなり派手な嫌な女)がいろいろと妨害するという展開。
物事の優先順位が変わると物忘れしたり、意地悪な家庭教師の存在に鈍感だったり、決して完璧ではない男性らしい側面のあるヒーローです。
でも、冷めた雰囲気のフィービーが、翻弄されつつも彼の魅力に引き込まれて行く様が可愛らしかった。
α波出たけど。(まったり癒されて脳内が何度か…教授のばかんααZZzzzz...)

ベティ ニールズ 読了一覧

海外ロマンス 読了一覧


関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク