本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
チョコレート・ダンディ 天使の誘惑は君の罪 我鳥彩子
2016年12月05日 (月) 13:33 | 編集

チョコレート・ダンディ ~天使の誘惑は君の罪~ (コバルト文庫)
2016/9/30
我鳥 彩子 (著)

---楽天---




チョコレート・ダンディ
天使の誘惑は君の罪

我鳥 彩子

大衆新聞紙の記者ユリアは、しつこくて頑固で書く記事は妄想仕立て。ひょんなことからオスカーの醜聞ネタ(捏造!)を掴んだユリアは、記事を載せないかわりに、アデルに高級紳士クラブで行われている秘密の会合に潜入取材をしろと言い出して!?また後日、アデルの養育院時代の親友が掏摸で捕まり、身元引受人としてアデルの名前を出して…?甘くとろけるコメラブシリーズ、最終巻!
-----------------------------

3巻目あったんだ…ということで、惰性で終わる最終巻です。
1巻目で終わる話をずいぶん頑張って引き伸ばしたなぁ〜というのが正直な感想だが、相変わらずキャラの突っ走り感は半端ないほど勢いがあるので、それなりに楽しいです。
ナスの抱き枕を抱っこして街中を歩くヒロインの姿は、ネンネを通り越して、痛い子に変化してたわ。
7年後のSS「アデルからの手紙」
「チョコレートダンディとレース姫」

あらすじ
誘惑は秘密クラブで
ある日の放課後、公園の東屋で教科書とノートを広げた。今日こそは居眠りしないように気をつけねばと反省しながら、真剣に宿題に取り組む。  が、そうこうするうちに取り組むものが原稿用紙に変わるのはいつものことだった。
そんなアデルに愛読者だという少女が話しかけてきた。自分の本を買ってくれる読者との奇跡のような出会いにアデルは浮かれた。
  なんか……なんかびっくりしたけれど、嬉しい……!
だが、数日後のゴシップ紙にスクープ記事が出てしまった。オスカー・エルデヴァドの支援でのデビューを勝手な想像でメロドラマ風に書かれている。オスカーの婚約者として、アデルはでかでかとトップ記事にされていた。

「……こんな風に有名になんてなりたくない……」


冒頭の経緯。あらためてオスカーが注目されている人物であると認識したアデルは、直接ユリアに記事の差し止めを頼むが、代わりに高級紳士クラブで行われている秘密の会合に男装して潜入を要求し…。

誘惑は再開のあとで
 アデルの養育院時代の親友シアが掏摸で捕まり、アデルを身元引受人として指名してきた。アデルはシアとの再会を喜び、仕事を紹介することに。だが、ユーディの屋敷でメイド見習いとしてシアは働き始めたものの、やはり物が失くなると噂され、アデルは必死にシアを信じるが…

誘惑は朝食の前に
●その後のチョコレート・ダンディ
「アデルからの手紙」
「チョコレートダンディとレース姫」

ラストは、失踪したシアの行動の真相は思わぬ大事件へと繋がるというお話。コメディーらしいごちゃごちゃしたお話だったが、楽しめた。
話の通じない記者の娘ユリアは、かなりめんどくさい子ね。追いかけ役のアーサーに早く気がつくといいわね。
私としては、3巻目で新たなキャラよりは、オスカーのさらなる残念を追求して欲しかったし、リンディア&ユーディをやっぱりもう少し読みたかったナ。たとえ、ユーディが残念な男になったとしても!

我鳥彩子 読了一覧

コバルト文庫&オレンジ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク