本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
禁じられた結婚 スーザン フォックス
2016年12月07日 (水) 12:37 | 編集


禁じられた結婚 (ハーレクイン文庫)
禁じられた結婚 (ハーレクイン・イマージュ)2003/5
スーザン フォックス (著), Susan Fox (原著), 飯田 冊子 (翻訳)

---楽天---




禁じられた結婚

スーザン フォックス

ローナは不義の子として生まれ、里親を転々として育った。実の母親は油田で莫大な富を築いたエラリー家に嫁ぎ、養子に出した娘などいないと否定している。勤め先の上司からフィアンセとして紹介されたケンドラは、腹違いの妹だとローナにはすぐわかったが、真実は告げなかった。何も知らずに慕ってくる妹に、彼女は密かに家族の絆を感じた。ところがある日、ケンドラの異母兄ミッチがやってきた。ローナが金目当てでケンドラに近づいたと思いこみ、たくましい体を怒りでこわばらせている。ローナはミッチの理不尽な要求に衝撃を受けた。「僕の不実な恋人を演じて、兄思いのケンドラに嫌われてほしい」(I-1604)
———————
copyright 2002
Her Forbidden Bridegroom

ローナは身勝手な母に捨てられ、実の子としての名乗りすら無視され、母の義理の息子ミッチからは金持ちから金をゆすろうとする人間だと思われている。それでも、父親違いの妹ケンドラと親しくなる喜びからぬけだせず…

アメリカ南部を舞台にした、不憫なヒロインの物語。
正直な感想を言えば、おいおいお兄さん、前半のチミの態度に対する謝罪は足りていない気がするのだが、急に風向きを変えてくれてもそれってどうよ?もっと凹んでよ、と突っ込まずにはいられないが、この手の鬼展開は好きな人間なので、満足。

あらすじ
かつてローナは、見当違いの友人が不意打ちの再会をアレンジして、痛い目にあっている。母は実の娘であることを否定した。家族を守ろうとする義理の息子ミッチはローナの主張をでたらめだと決めつけ、しまいには言いがかりをつけて金持ちから金をゆすろうとする日和見主義者だと決めつけたのだ。
そのことにも、もっと何年も前に捨てられた私生児などいらないという顔を母親がしていたらしいと知ったことにも、ローナは打ちのめされ、逆に自分のほうがうそつきだと思われて悔しさのほぞをかんだものだった。
それからは実の母とは距離を置いて生きてきた。だが数ヶ月前から友人となった上司の恋人ケンドラが、父親違いの妹だと思うと、ミッチを恐れながらも距離をおけなかった。
だが、そのミッチがケンドラを迎えに上司のオフィスに来ているという。
この日が来ることをもう何ヶ月も前からわかっていた。ケンドラのおかげで、子供のころから憧れていた家族の味を味わうことができた。高い代償を支払わされても仕方がない。

上司の部屋でケンドラに紹介され、初対面のように挨拶をしたが、ミッチはその晩ローナの部屋に乗り込んできた。
金銭でローナをケンドラから引き離すために。

「幸せな生活を選ぶんだね、ミズ・ファレル。金を受け取って町を出るんだ」


冒頭の経緯。ミッチ・エラリーは弱いものいじめの威張り屋だ。だが、不意に意識を失ったローナを気遣い、震える彼女を誰か世話する者がいるのかと気にかける。ローナは必死に気丈に振る舞い、DNA鑑定をしようにも逃げるのは母のほうだと彼を追い払った。
覚悟を決め、金は受け取らずに会社を辞めることをミッチに伝えた。だが、ミッチは妹ケンドラの前で恋人役をして妹を傷つけずに距離をおくことを提案してきた…。それも母の考えだ…。

ミッチは家族を守るためなら手段を選ばない。ローナはその中に入れない。そんな家族への憧れから、孤独がいっそうつのるです。
母の思惑通りに動くヒーロー歯噛み。そして、恋人役を強要したときも、どれだけ過保護よ!とイラっとくるのだが、翻弄されながらも頑張る健気なヒロインが良いロマなのです。

スーザン・フォックス 読了一覧

海外ロマンス 読了一覧

Kindle版
禁じられた結婚 (ハーレクインコミックス)
禁じられた結婚 前編 ハーレクイン・デジタルS
禁じられた結婚 後編 ハーレクイン・デジタルS





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク