本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
純真な花嫁 スーザン フォックス
2016年12月26日 (月) 16:24 | 編集

純真な花嫁 (ハーレクイン文庫)
2004/12
スーザン フォックス (著), Susan Fox (原著), 飯田 冊子 (翻訳)

---楽天---





純真な花嫁

スーザン フォックス

ステイシーは破産状態だった。三年前に唯一の家族である祖父を亡くして以来、資産の管理を任せていた人物に、すべて横領されてしまったのだ。あと一週間で、自宅も明け渡さなくてはならない。自暴自棄になって開いた最後のパーティーで、ステイシーは長身のたくましい男性の存在にふと気がついた。テキサスの大牧場主オーレン・マクレーン…。数カ月前、ステイシーは彼に結婚を申し込まれたが、何かの冗談だと思い、真剣に受け取らなかった。私の破産のうわさを耳にして、弱みにつけ込みに来たんだわ!ステイシーはどんどん近づいてくるオーレンの姿に怯えた。(I1724)
——————————
copyright 2003
Bride of Convenience

テキサスの牧場主(田舎者)&NY育ちのお嬢様のロマです。
彼女にプロポーズを蹴られても再び現れる、ストーカーベタ惚れなダーリンなのです。
都会育ちで、途方にくれるステイシーのプレッシャーと、オーレンの傲慢さが、いい感じに作者らしい。
全体的にほのぼのした雰囲気。

あらすじ
お金に困ってここを逃げ出し、どこか異郷で逼塞した暮らしをするのと、悲劇的な死を遂げた富豪の令嬢とみんなに思われるのとどちらがましかしら?
でも私が貧乏になってしまったことは、いずれみんなに知れてしまうのだ。
ふだんはどんなアルコールも好きではないし、たまにしか飲まないほうなのだけれど、今夜は別。今夜は私のお別れパーティー。資産をなくし、ただ一つのお付き合い仲間での私の居場所がなくなる前の、社交カレンダーにのった最後のパーティー。
そしてそのとき、ステイシーは彼に気づいたのだった。
長身の、ひどく男らしいテキサスの牧場主は、初めは、絶望と恐怖が彼女を悩ますために生み出した、一つの幻影としか思えなかった。彼の記憶に悩まされて当然なのだから。
もう何ヶ月も前の出来事で、ようやく忘れられそうになっていたのに。マクラーレンは  そう、私はその名前をまだ覚えていたのだわ  決してハンサムではなかった。けれど、彼ほど強くない男ならただ夢を見るしかない、カリスマ的な男らしさがあり、一目を引くタイプの男性だった。

「きみに会いに僕はニューヨークに来たんだ」

あのとき、彼からの狂気じみたプロポーズを受け入れていたらどうなっていたかしら?

「きみのほうの事情が変わったかどうか、見てみなくてはならないと思ったんだ」


冒頭の経緯。資産を持ち逃げされ住む家も失おうとしている。そんな孤独と絶望に苦しむステイシーの前に再び現れたのは、テキサスの大牧場主オーレン・マクレーンだった。彼のプロポーズを断っているだけに、優しくて誠実で率直な彼を利用するようで気が咎める。
一方、オーレンも彼女の窮状につけこむような形で結婚することを承知していた。その上で、ステイシーの弱さを鍛え直すつもりだが…

なれない牧場生活でヘロヘロになるステイシーに、反省しきりのダーリンなのであります。
もちろん、諦められまいと必死にオーレンを説得するステイシーの頑張りも可愛い。
さくっと楽しめた。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク