本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
恋するシェイクスピア もうひとつのロミオとジュリエット 吉村りりか
2017年01月15日 (日) 16:54 | 編集

恋するシェイクスピア もうひとつのロミオとジュリエット (ビーズログ文庫)
2016/9/15
吉村りりか (著), 椎名 咲月 (イラスト)

---楽天---




恋するシェイクスピア
もうひとつのロミオとジュリエット 

吉村りりか

女の子にモテるが、本当の恋を知らないロミオ。勝気な性格ながら親の庇護にあるジュリエット。そんな二人が運命的に出逢い、恋に落ちた―。けれど二人の家は古くから因縁を持つ仇同士!この恋が許されるはずもないと考えた二人は、ナイショで結婚の契りを交わすが…!?あの名戯曲がラノベで登場!運命に弄ばれたロミオとジュリエットが迎える、もう一つの結末とは?
-----------------------

ロミオとジュリエットといえば、シェイクスピアを知らなくても、それをモチーフにしたお話や楽曲に触れたことのある方は多いはず。
ロミオとジュリエットは、敵対する家に生まれたために悲劇的な恋となってしまった悲恋の物語。
こちらのシリーズは、シェイクスピアを乙女ノベル的にアレンジして、舞台や文学に興味のないティーンにも親しんでもらおうというコンセプト。
なんとなく知っているけれど、本当はどんな話? そんな疑問に答えてくれる一冊です。
あとがきでは、実際の翻訳との違いなど丁寧に説明してくれていいます。巻末にある参考文献の数も半端じゃない量!
巻頭には、シェイクスピアの専門家「東京大学教授 河合祥一朗」先生からの”おすすめ”のメッセージつき。
ロミジュリはネットでも溢れているし食傷気味だと思ったのに、主人公二人の狂気じみた恋愛から、その結末まで、予想外にディープで面白かった。

あらすじ
争いの音はもう、聞こえない。けれど、この静けさの中に妙な不吉さを感じて、ジュリエットは不安に高まる心臓にそっと手を当てた。
いつかヴェローナの街に救う因縁が、自分の大切な世界を粉々に壊してしまうのではないか。あの怒りがこの塀を乗り越え、自分を呑み込んでしまうのではないか。そんな言い知れぬ不安が、ジュリエットの心を締め付ける。
(どうか、もう争いがおきませんように)


冒頭の経緯。キャピレットとモンタギューが激しい乱闘を起こしていた頃、モンタギュー家の跡取り息子であるロミオは、退屈にため息をついた。
そんな彼を案じた友人のマーキュシオやベンヴォーリオは、ロミオを誘いキャピレット家の仮面舞踏会に忍び込むことに。
そこで、ロミオはある少女を助けて…

そんな二人の恋の行方は…読んでみてね。
狂気に近い二人の恋模様はツッコミどころ満載で、三時間前に夫となった彼を罵るジュリエットのシーンは、原作に近いのか罵り方が変で、ちょっと笑った。
昔この作品に触れたときは、ロミオの行動に怒りすら覚えたのだが、今感じるのは、年若いロミオの行動の青さが、なんとなく歯がゆくて良いわ。
私的には、二人の死で、全ての人が後悔するシーンがぐっとくるね。

安心してください。
悲劇で終わる物語ですが、いちよう作者の創作による乙女ノベルらしいエピローグもついています。悲しい結末は好きではないだけに、ちょっと嬉しい。

→wiki/ロミオとジュリエット

B's LOG文庫 読了一覧

十二夜 ―身代わり小姓と不機嫌な公爵 恋するシェイクスピア 吉村りりか

十二夜 ―身代わり小姓と不機嫌な公爵― 恋するシェイクスピア (ビーズログ文庫)
2016/10/15
吉村りりか (著), 雲屋 ゆき




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク