本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
壊滅騎士団と捕らわれの乙女7 伊月十和
2017年01月19日 (木) 13:12 | 編集

壊滅騎士団と捕らわれの乙女7 (一迅社文庫アイリス)
2016/4/20
伊月 十和 (著), Ciel (イラスト)

---楽天---




壊滅騎士団と捕らわれの乙女7

伊月 十和

黒十字騎士団団長ヴィンセント王子との結婚を控えていた田舎貴族の娘フィーリア。彼女は、ヴィンセントが黒十字騎士団を率いて友好国の危機に旅立った直後、何者かに攫われてしまった!遠い異国へ連れていかれたフィーリアは、ヴィンセントの助けが期待できない状況に陥り―。こんなことになって、ヴィンセントと無事に結婚なんてできるの!?今度ばかりは絶体絶命?溺愛ラブコメディ感動のクライマックス!!
———————————

7巻まで続くと思っていなかったのだが、気がつけば続いていたw
6巻が少々笑い少なめだったけれど、ラストは破天荒を貫いてくれました。
破天荒はヴィンセントだけだと思っていたけど、思えばフィーリアも破天荒。さらわれたはずの乙女は、革命軍の女神になってしまったりと、波乱万丈の感動(?)のクライマックス。
繊細で可愛らしいウエディングドレスの二人&黒十字騎士団のカラーピンナップつき。

あらすじ
フィーリアは、人質としてロスギルド王国にさらわれた。旅立ったヴィンセントからの救いは期待できない。冷静に現状を分析し、田舎育ちの根性を見せる時だろう。
すると、船には黒十字騎士団のグレンやブラッド、あのクロッシアも乗り込んでいて!?

冒頭の経緯。フィーリアは船から脱出したが、デュアンに出くわした。デュアンに騙されるように協力させられてしまったけれど、革命軍のリーダー・アルフレッドと知り合い、心から圧政に苦しめられている人々と救いたいという気持ちになって…

ラスト巻なので、詳細は割愛。
ヴィンセントの旦那との再会も笑った。めんどくさい系のキレっぷり。
すごく感動とか、そんな話ではないが、うまくまとまって嬉しい。ドタバタしているみんなの姿が楽しかった。

一迅社文庫アイリス 読了一覧




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク