本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
億万長者と無垢な家政婦 ジェニー ルーカス
2017年01月21日 (土) 17:50 | 編集

億万長者と無垢な家政婦 (ハーレクイン・セレクト)2016/11/26
ジェニー ルーカス (著), Jennie Lucas (原著), 杉本 ユミ (翻訳)
億万長者と無垢な家政婦 ((通常版))2011/6/20

---楽天----




億万長者と無垢な家政婦

ジェニー ルーカス

愛していた男性から手ひどい裏切りを受けて以来、ルイーザは休暇も取らず家政婦の仕事に明け暮れてきた。男性の興味を惹かないよう、黒縁眼鏡をかけて髪をひっつめ、だぶだぶの灰色のスーツで地味に装って。だが、アルゼンチン出身の億万長者ラファエル・クルスに五年間仕えるうち、彼への思慕が抑えきれなくなってしまう。ラファエルは次々に美しい女性と浮き名を流すプレイボーイ。彼が新しい恋人とデートに出かけた夜、ルイーザは悲しみに耐えきれず、ひとりキッチンで泣いていた。そこに早めにデートを切り上げたラファエルが帰宅して…。(R2628)
---------------------
copyright 2010
Sensible housekeeper,scandalously pregnant

切ない女心がしっとりとした雰囲気のロマ。
かなり自分勝手で性格に問題のある億万長者なので、ひど〜〜い!と叫びたくなったり、やきもきさせられるが、猛烈に反省してくれるので読後感は良い。

あらすじ
「きみが期待を裏切るとは思っていないよ。ミス・グレイ」
ルイーザは顎を上げ、彼の冷酷な美しい顔を見上げた。
まなざしに陰りがあった。なんともいえず疲れた表情だ。あの苦もなく無情になれるプレイビョーイが、なぜかいつになくやつれて見える。

「あの……大丈夫ですか、ミスター・クルス?」

彼が体をこわばらせた。
「当然だ」冷ややかな声だった。余計な口出しに気を悪くしたのは明らかだ。
こうして彼を見ていると、最後にこの顔を見た時のことが頭に浮かんでしかたがなかった。
自分がこのプレイボーイの主人をあきれるほど、惨めなくらい愛していると自覚した夜のことが。

冒頭の経緯。ラファエル・クルスの屋敷で家政を仕切るようになって5年。ある夜、虚しさから涙を流していたところ、不意に帰ってきたラファエルと関係を持ってしまった。それからイスタンブールへ向かわされ、彼のパーティーを仕切ってきたが、またしても不意に現れたラファエルに当惑されられる。
ルイーザは、家政婦という雇われる立場にありながら、彼の子を妊娠してしまったのだ。
だが、彼は探していた実の父と再会かなわず亡くなったことで、母親が秘密にしてきたことに憤り、傷ついていただけに、ルイーザは拒めなかった…。

というわけで、彼との蜜月、そして彼の自分勝手な態度に、傷つき、我が子を守るように逃げるしかなくなるヒロインなのであります。
それから再会したとたんにかなりの修羅場になったりと、結構な鬼ロマ。
鬼ロマ好きですから。

海外ロマンス 読了一覧





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク