本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
レイデ夫妻のなれそめ 君がもたらした新世界 山咲 黒
2017年01月22日 (日) 15:32 | 編集

レイデ夫妻のなれそめ 君がもたらした新世界 (ビーズログ文庫)
2016/9/15
山咲 黒 (著), アオイ 冬子 (イラスト)


レイデ夫妻のなれそめ
君がもたらした新世界

山咲 黒

『魔物解放団』の首領―すべての黒幕が誰なのか気づいてしまった妻・リナは、その人物に一人で会うべく王都に戻る。一方、また行方不明になってしまった妻に、夫・ザイラスは気が立ちつつも王に会うべく王宮へ。ところが王は不在で代わりにいたのは―。そこでザイラスは投獄されてしまい!?誰よりも愛するたった一人の大切な人のために夫婦が取る行動とは!?
———————————

一人王都に戻ったリナの身を案じたザイラスは、急遽王宮へ向かうが、彼は投獄されてしまい…!?

ラスト巻です。
リナの冒険も最後。いろいろと風呂敷がたたまれる、怒涛の展開でした。
すごく感動とは言わないが、いい感じにキュンな部分がありつつ、黒幕までのまとまりもよくてサクッと楽しめるお話だった。シリーズの巻数はそんなに多くないので手に取りやすいので、一気に読むことをオススメ。

あらすじ
王宮に乗り込んだザイラスだが、王ヘンリックは国内視察に出ていると、リナの兄ヴァルターは告げた。
リナのこととなると全てが後手に回ってしまうことに、苛立ち焦るザイラスだが、不意にけ渓谷の街の屋敷で受け取ったヴァルターからの手紙に違和感を覚え…

遅れて到着したリナは、ザイラス投獄を知らされた。そして、彼の書斎の机の下からあるものを見つけてしまう。そこには彼の父であるゲイル=レイデからの手紙が。

『僕はロレインを食べました』



『魔物解放団』の首領についてはある程度予想できると思うが秘密ということで。
恐怖という感情を奪われたヒロイン・リナの行動に戦々恐々のザイラスがいい感じに楽しかったのだが、ラストは、全てを思い出したリナが恐怖という感情と戦うことになるということだけ記しておこう。
前の巻から一気に読みたかった。
気に入っていたシリーズが終わるはさみしいけれど、次のシリーズも楽しみにしています。

ザイラスは今後もリナのおてんばにハラハラするのだろうね。

山崎黒 読了一覧

B's LOG文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク