本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
なりゆき斎王の入内 比翼の鳥は和を調ぶ 小田菜摘
2017年01月24日 (火) 08:21 | 編集

なりゆき斎王の入内 ~比翼の鳥は和を調ぶ~ (ビーズログ文庫)
2016/11/15
小田 菜摘 (著), 凪 かすみ (イラスト)

---楽天----




なりゆき斎王の入内
比翼の鳥は和を調ぶ

小田 菜摘

三条女御の策略にハマり、呪詛をかけた犯人に仕立て上げられた塔子。冤罪を晴らす決定的な証拠を手に入れるまで、宮中の混乱に乗じて故郷・熊野に帰ることに。「必ず、戻ってきてください」―明槻との約束を果たすためにも、身の潔白を証明して入内を果たしたい。なりゆきで始まった東宮妃の塔子に、国母として戦い抜く自覚が芽生え…!?平安恋絵巻最終巻!
——————————

ラストの9巻です。
これも、ここまで続くと思っていなかったw
後半、細かな設定好きな作者のくせが色濃く出てきたけれど、少女小説らしいテンポの良さを崩すことなく楽しめた。
ラブラブな度合いはかなり減ったけれど、女御としての覚悟もできて丸く治るところに収まって、乙!

あらすじ
呪詛の嫌疑をかけられ、入内も延期。
熊野に逃げるように戻った塔子は、疲労から倒れるように眠り込んでしまった。
目を覚ますとそこには、懐かしい貴哉や範康の姿が。
「私が甘かったのよ」
無実の人間を陥れようとするやり方に憤る範康や万結。
「そうは思うけれど、悔しいのよ」
ぐっと手を握りしめた塔子を、貴哉は訝しげな表情で見つめる。

「産まれも育ちもよいお姫様に、謀で負けるなんて本当に悔しい」
「え?」
「本当に悔しいったらありゃしない。見てなさいよ、このままじゃ終わらないから。絶対に巻き返して、都に戻ってみせるから!」


冒頭の経緯。明槻は塔子を熊野に逃し、先手を打ったことで塔子に無実の罪を着せるのを阻止することに成功した。だが、都では疫病が流行し、三条女御の出産まで間もない。
このままでは、都に戻れないのでは…

焦りや不安が大きくなる中で、疫病のことで、あることを思い出す。そうなると、熊野に帰った塔子だけれど、やっぱり明槻の手助けがしたい!
ということで、やっぱりじっとしていられない塔子なのでした。
ラストには二人の子供のエピローグも。
母似のやんちゃな子で可愛い。親子との血縁で悩んできた明槻だからこその幸せそうな笑顔が良いね。

功労者・縋子様。いやな退位の仕方になってしまって不憫だけれど、心からお疲れ。

小田 菜摘 読了一覧

B's LOG文庫 読了一覧




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク