本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
王女が秘される童話(メルヒェン) 南瓜の王女の研究録
2017年02月05日 (日) 15:54 | 編集

王女が秘される童話 南瓜の王女の研究録 童話(メルヒェン)シリーズ (集英社コバルト文庫)2016/11/1
長尾 彩子 (著)

---楽天----




王女が秘される童話(メルヒェン)
南瓜の王女の研究録

長尾 彩子

忌み子の王女ユリアーナは天然で頭が悪いふりをしつつ、医薬の研究や飢饉に備えての南瓜作りに取り組んでいた。そんなある日、魔性の力を持つとされる忌み子を警戒する父王より、異例の若さで異端審問官となった少年クラウスが婚約者という名の監視役として遣わされてくる。「貴女のお傍を片時も離れるわけには参りません」と宣言した彼は、本当に一瞬たりともユリアーナの傍を離れず…?
———————

美少年がべったりとまとわりつく割には、さくっと楽しめるお話。
忌み子という境遇のわりに、健気でたくましいヒロインが良いです。前半は、クラウスがちょっと嫌なやつですが、後半は良い子だった。
でも、割とどこにでもあるといえばあるお話にも感じるかな。年下の少年萌えな方でなくても、違和感なく楽しめます。

あらすじ
……カボチャは良いものだ、とユリアーナは思う。
なにしろ痩せた土壌でも、ジャガイモ並みの生命力ですくすくと育つのだから。
飢饉対策にこれほどうってつけの野菜はない。
双子であとから生まれたばかりに忌み子として父王に嫌悪されてきた王女ユリアーナは、『おっとりしていて無邪気で病弱。花と宝石とお菓子をこよなく愛する落第王女』を装い続けているが、別段おっとりしていないし、無邪気というよりもひねくれている。忌み子としてミルヒ村を与えられ、領主として品種改良や倹約にとりくみ、領民の信頼を勝ち取った。王宮にいた頃になりゆきでみにつけた医術の知識も、たいぶ役にたった。
そんなある日、少女人形かとみまごうような美しい少年クラウスが現れた。13歳という異例の若さで神学校を卒秒したあと、頭角をあらわし、特別異端審問官に抜擢されたという。
宗教的に弱い立場にある忌み子のユリアーナにとっては、当然油断ならない存在だ。
「国王陛下より直々にご命令を承ったのです」

「本日より貴女の花婿候補として、このお城で暮らすようにと」


冒頭の経緯。クラウスの報告しだいでへたをすれば魔女の疑いをかけられてしまうだけに油断できない。だが、彼は寝る時も監視すると言いだし、未婚のユリアーナのベッドの横に居座りだした。
挙句にユリアーナを魔女だと思い込み、ベッドに押し倒し…!?

後半は、唯一心を許す姉の病気の原因をユリアーナのせいにされ、クラウスとともに原因究明と犯人探しの展開。
なんだか、ちょっと無自覚にエロい雰囲気が多めね。
そんなに劇甘にしなくてもいいのにと思うのだけれど、そういうのが楽しいお話でもあるわね。
童話らしい教訓があるわけでもないし、すごく感動とか、そういう話じゃないけど、読むと一気に読める。

たしかに、かぼちゃの成長と少年の成長はある時期急に伸びる。
ちょっと笑った。

長尾 彩子 読了一覧

コバルト文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク