本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
下鴨アンティーク 雪花の約束 白川 紺子
2017年02月19日 (日) 15:13 | 編集

下鴨アンティーク 雪花の約束 (集英社オレンジ文庫)
2016/12/16
白川 紺子 (著), 井上 のきあ (イラスト)

---楽天---




下鴨アンティーク
雪花の約束

白川 紺子

京都、下鴨―。ある日、野々宮家を、見知らぬ男性が訪ねてきた。知人の女性を探しているという。聞けば、その女性の祖母が、鹿乃の祖母に着物を預けていたそうだ。鹿乃が蔵から取り出したその着物には、斜めに横切るように鮮やかな赤い糸が描かれていた。ところが、まばたきする間に、その糸は切れてしまい…?古い物に宿る想いをひもとく、温かな人情譚。
———————

シリーズも5巻目に突入し、兄妹のようだったジリジリした二人の関係も変化をはじめてきました。
これまであまり描かれなかった慧視点が増えて、いい感じにこそばゆいです。
もちろん、着物にまつわる人情譚も良いです。年配の方が、それぞれに抱える過去をひもとくとことで、二人の成長の助けになっているあたりが、ぐっとくるのです。
シリーズものなので、一巻から読まなければ、二人の経緯を知ることができないので、途中から読むのは難しいのですが、とても気に入っているシリーズなので、ぜひ一読していただきたい。
オススメ。

あらすじ
●星の糸
その拍子に、鹿乃の肩が隣にいた慧に軽くぶつかった。と、慧は熱湯でもかかったかのように、ぱっと身を引いた。鹿乃はびっくりして目を丸くする。

「……そんなに痛かった? ごめん」
「あ、いや……悪い」

慧は気まずそうに目をそらす。鹿乃は何でもないように広間に向かいつつ、内心、水の底に沈んでいくような気分になっていた。
このところ、慧はときどきこんなふうなのである。鹿乃との接触を極端に嫌がる。鹿乃自身を避けているようでもある。
こうなったことの原因はわからないが、きっかけは知っている  

見知らぬ青年が、ある女性を探していると訪ねてきた。慧や兄たちと同じ年に関わらず、子供っぽい青年だが、探している女性を心底案じているいるようだ。その女性の祖母が預けたという着物には、モダンな柄を横切るように鮮やかな糸が描かれていて…

●赤ずきんをさがして
●雪花の約束
●子犬の魔女とワルツ

本編3話+兄の骨董関連話
兄の話は、幽霊がよく出てくるだけに、本編とはちょっとテイストが違うのだが、これはこれで、ぐうたらした兄の意外な一面が垣間見得て楽しい。

怒りを抱えたまま生きるのは辛いね。一方で怒りを感じた当時の自分と、今の自分では見えてくるものが違うのも事実。
彗の気持ちの変化が嬉しいね。
ところで、鹿乃にちょっかいをかけずにいられない春野の存在が気になる。彼が抱えるものはなんなのだろう?
そして、鹿乃が出かけると聞けば、気にせずにはいられない慧にも笑う。おいかけてくるしw
このあと、慧がどう出るのか、気になる!!!

白川紺子 読了一覧

コバルト文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク