本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
暁の王女 名を持たぬ聖女と紫の王 白洲 梓
2017年03月12日 (日) 15:27 | 編集
暁の王女 名を持たぬ聖女と紫の王 (コバルト文庫)2016/12/1
白洲 梓 (著)


暁の王女
名を持たぬ聖女と紫の王

白洲 梓

エインズレイ王国の第二王女アイリーンが幼い頃に恋心を抱いた相手は、姉の婚約者ヴェンツェルだった。いつまでも捨てられなかった恋心は実ることもなく、ヴェンツェルは姉と結婚してしまう。初恋に破れたアイリーンは、戦場で敵味方問わず治癒活動をする「名を持たぬ聖女団」の一員として活動を始めるが、どこかの国の兵士に捕まり、傷付き臥せったひとりの青年を癒やせと言われ―!?
——————————

王女でありながら養子に出されたアイリーン。平民として生きようとしても、王女としての立場がつきまとう。そんな曖昧な立ち位置で揺れる少女の成長を描くストーリー。
前作「最後の王妃」の続編。
前作のような勢いがいまひとつ感じられなかったし、中途半場に王女様な身分は設定として悪くないのだが、もう少しテーマを絞ってもよかったのにと思わなくもない。
とはいえ、古風な少女小説っぽくて悪くないですよ。
ベタな王道ラブを求めると、かなり方向性が違うので注意。

あらすじ
「最後に持っていくものは?」
「笑顔」
にっこり笑ってみせると、ティアナも共犯者のように笑った。そして次の瞬間、娘の体をぎゅっとだきしめる。
王宮におけるアイリーンの母は、王妃ルクレツィアである。今日、こんなふうに親子として対面できるのは、これが最後のはずだった。
(母さん……)
そっと抱き返すと、いつの間にか、母は小さくなったような気がした。
「半年したら帰ってくるのよ。すぐだわ」
アイリーンがそう言うと、母は「そうね」と小さな声でこたえた。


冒頭の経緯。アイリーンは養子に出されたために、母が二人いる。王宮に行けば娘として可愛がってもらえるものの、王女ではなく、姉エマの婚約者に憧れを抱いてきた。恋心を捨て去り、平民として生きるために、アイリーンは『名を持たぬ聖女団』の一員として、戦地に赴き負傷兵の看護にあたることに。
だが、アイリーンのやり方についていけない聖女(看護師)たちは次々と脱走し…

医療を必要とする山の民に捕まり、アイリーンはある男性の看護をする羽目に。挙句、王女だとバレ、政治的に利用されることになるのだが…。
恋愛観がちっとも甘くない。恋に恋した初恋との違いを自ら学びつつ、放っておけないへたなお節介が微妙なすれ違いをうむという展開が後半にあるのだが、読者層の求めるものからするとかなり苦い。
責任うんぬんの割には、困った末にあちこちで立場を放棄する羽目になっているのも、すっきりしない。
乳母が水死体になった意味がわからなかったり、最初の姉との喧嘩からの豹変といい、憧れの王子の精神錯乱ぶりといい、エキセントリックな部分が微妙ではある。
とはいえ、一人の少女が様々な経験の末に大きく成長する物語は嫌いじゃないので、今後も期待しております。

ココバルト文庫&オレンジ文庫 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク