本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
十八歳の臆病な花嫁 サラ モーガン
2017年03月20日 (月) 16:18 | 編集
十八歳の臆病な花嫁 (ハーレクイン・イマージュ)2016/12/10
サラ モーガン (著), Sarah Morgan (原著), 森 香夏子 (翻訳)

---楽天---




十八歳の臆病な花嫁 

サラ モーガン

早すぎる結婚が怖かったんじゃない。ただ、愛されないことが怖かった…。ジュリエットは仕事先で思いがけない人と再会し、息をのんだ―10年前の魅力もそのままに目の前に現れた敏腕医師のフィンは、彼女がよく知りながら、ずっと避けてきた男性だった。18歳のころ、ジュリエットは兄の親友であるフィンの子を身ごもり、彼は責任をとるために彼女との結婚を決めた。ところが、不幸にも結婚式の2週間前に流産してしまうと、彼が結婚しようとしているのはお腹の子のためと信じる彼女は、愛されぬ花嫁にはなりたくないと逃げ出したのだった。いま、愛するフィンを前によみがえったつらい記憶が、過去から目を背けてきたジュリエットの胸を容赦なくえぐって…。(I2447)
-----------------
copyright 2006
High-Altitude Doctor

医療ロマに山岳救助が入るシリーズかと思いきや、別もののようです。
思いっきりエベレスト目指します。
エベレストの高山地帯で、ツアーのサポート医療活動をしながら、再会した男性とロマンスが芽生えるというロマ。

あらすじ
彼女が健康を損ねたらおしまいだ。
ジュリエットに何かあれば、チームはこの荒涼とした山の上で医療措置を一切受けられなくなる。
ジュリエットも、健康でなければ夢が絶たれる。
今年こそは頂上まで登りたい。
絶対に。

標高2850メートル、ヒマラヤ山頂ルクラ

そこは飛行場の周辺にわずかばかりの古屋を寄せ集めたような小さな村だった。
荷物が全部そろったのを確認し、ジュリエットは一安心して振り返った。暑くて埃っぽい。シャワーでも浴びたい気分だった。
彼が目に入ったのはそのときだった。
その男性はほかのクライマーやトレッカーから少し離れた場所に立っていた。くたびれた帽子を目の上まで深くかぶり、食い入るような黒い瞳でジュリエットを見つめている。
ジュリエットも彼を見つめ返した。
そうしない女がいるだろうか?


冒頭の経緯。山に不慣れなチームを率いてジュリエットは標高を上げていくが、なかには彼女の助言を受け入れない男性も。そういう男性への対処は自分でできるつもりだったが、いつの間にかそばにはフィン・マキューアンに助けられていて…

兄や父をエベレストで亡くしたジュリエットは心の傷を埋めるように、毎年エベレストを目指す。祭壇に彼を置き去りにしたことにも、なにかと理由をつけて自らを正当化していたことを、彼との対話で理解し関係を深めていく。
そんな繊細な乙女心と、彼女を守ろうとついつい見守ってしまうダーリンとの関係が素敵ロマなのだが、やっぱり標高が高すぎるので、知識欲的には面白いが共感は難しいね。

サラ モーガン 読了一覧

海外ロマンス 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク