本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
身代わりの婚約者 ゲイル カレン
2017年03月26日 (日) 17:29 | 編集

身代わりの婚約者 (MIRA文庫)2016/12/15
ゲイル カレン (著), Gayle Callen (原著), 立石 ゆかり (翻訳)

---楽天---




身代わりの婚約者

ゲイル カレン

16歳の秋、マッカラム氏族長の娘マギーは初めての恋をした。相手は次期伯爵で、長年敵対関係が続くダフ一族の青年、オーウェン。禁じられた恋と知りつつも、見知らぬ地への遠駆け、彼が聞かせてくれる世界の謎、そして生まれて初めてのキスにマギーは夢中だった――自分にはほかに許嫁がいるとオーウェンに聞かされるまでは。悲しい失恋から10年、彼の許嫁が事故死し、運命は皮肉にもマギーとオーウェンを契約結婚の相手同士として再会させる。心の痛みを無視し、氏族同士の諍いを収めるためと自分に言い聞かせるマギーだが……。
————————
copyright 2016
The Groom Wore Plaid

「さらわれし花嫁」で決闘しようとする兄を止めるために、契約結婚をすることになったマギーのお話。
単品でも楽しめます。
そこそこホットなシーンが多めのハイランダーロマンス。物語の時代は1727年。ハイランダーものにしてはかなり時代が遅いので、牛泥棒があらわれたりしても、荒くれ者の中世らしい埃っぽさは感じない。
不思議な予知能力を持ったヒロインが、彼が死ぬ予知夢を見て結婚を回避しようと四苦八苦するものの、彼には信じてもらえず、ジリジリするロマンス。
予知夢が現実になるのかならないのか、ラストまで引っ張るので気の短い方には向かないが、エンタメロマとしては楽しめた。

あらすじ
「それは望遠鏡?」
「ああ、これから星を見に行くんだ。望遠鏡をのぞいたことはある?」

マギーはハイ・ストリートの外階段でオーウェンとすれ違った。この先ずっと夢にでてきそうな満面の笑みでじっくりとみつめられ、返事に窮した。正直にマッカラムの氏族長の娘であること、兄とオーウェンの妹が結婚することになっていると彼に告げても、彼は動じず、その日から二人の禁断の友情が始まった。
だが、それも彼が婚約していると口にするまで。
しかも、彼の婚約者エミリーが水の事故で死ぬ予知夢を見て、彼に教えたにも関わらず、嫉妬から口にしたのだと蔑まされるまでだった。

彼の冷笑とエミリーの死によって、マギーは自分自身を根本から変えざるおえなくなった。この世界には心踊る謎があることを知っていた幸せな少女は、そういった存在を忘れてしまいたいと願う、大人の女性になってしまった。
しかし、悪夢はふたたび蘇った。マギーはまた異邦人に戻ろうとしている。ここには信じられるものは誰もいない。


冒頭の経緯。彼とのキスと別れから10年。婚約したマギーはオーウェンの住むダフ一族の城に入ったものの、歓迎されているとはいえず、アメリカから戻ったというグレゴールからはあからさまな敵意を向けられている。
オーウェンが結婚式で血まみれになる夢は、現実となる可能性が非常に高いのだが、勇気をもって打ち明けても信じてもらえず…

私としては、後半には信じているという言葉が欲しかったのだがむむぅ。いい感じにいい気になっているダーリンにちょっとお灸が欲しかったのだが、楽しそうなことでなによりです。はい。
誰に狙われているのか、プチサスペンス要素がありますが、前作ほどどぎつい展開もなく、まったりと楽しめるロマでした。

海外ロマンス 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク