本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
猫伯爵の憂鬱 紅茶係はもふもふがお好き かたやま和華
2017年04月02日 (日) 20:05 | 編集
猫伯爵の憂鬱~紅茶係はもふもふがお好き~ (集英社コバルト文庫)2017/2/1
かたやま 和華 (著)

---楽天---




猫伯爵の憂鬱
紅茶係はもふもふがお好き

かたやま 和華

「人の姿をした猫、なのか。猫の姿をした人、なのか。それって、そんなに大事なことかしら?」“猫の町”と異名を持つ港町ミストルで毎日、猫達と戯れて幸せな日々を過ごす猫大好き娘のパティ。しかし、父の死をきっかけに、猫人間と噂され、町の人々から恐れられる猫伯爵の許で紅茶係をすることに!! 伯爵が住む猫の目城に出仕したパティの前に現れたのは、やはり、もふもふの黒猫人間で…!?
---------------

この表紙は、ずるいでしょう!
思わず表紙買いしてしまいたくなるけれど、かなりふざけたお話なので、もう…かたやま和華らしさが全開のはっちゃけぶりってことで…
面白くないのかと聞かれると、まずまず読めてしまう不思議。
あれですかね、最近乙女ノベルから脱却して下記のような作品なんぞを書いているから、もふもふ萌えで弾けたかったのですかね?
♪(/・ω・)/ ♪

あらすじ
「猫人間は獣と人の間の獣人なのよ。それって猫でもないし、人間でもないってことなのよ」
猫でもないし、人間でもない?
帝国が建設されて間もないころ、ここミストルの町は鼠大王という鼠の悪魔に襲われたことがあった。そのときにひとりの(一匹の?)猫騎士が現れ、人々を救ったという言い伝えが残っているのだ。
その後、伯爵の爵位を賜り、現在もその子孫が領主をしているが、街の人々は猫人間と呼ばれる猫伯爵に恐怖を感じている。
パティは早くに父を亡くし、叔母に父の会社”ペコ商会”を乗っ取られた。そのうえ今は娘のパティを追い出そうとしている。猫伯爵の住む猫目城”キャッツアイ”で紅茶係をすることになったのだ。

「わたしは、猫とおいしい紅茶があれば満足だから」


冒頭の経緯。もふもふの猫伯爵ジルナードにときめいて、過保護な執事アーロンに減点される毎日が始まった。だけど、執事のはお茶の時間になると、パティを執務しつから追い出しにかかる。パティがいると食事ができないと…?

もう、もふもふの手袋をしょっぱなではずして素手で握手した時点で、なんとなく察しているとおりの展開になるのだ。
パティとほんわかする猫伯爵の間に、ぐいぐい入り込むドS執事との掛け合いを楽しんでくれたまえ。

かたやま 和華 読了一覧

こっちのほうは、好評で、読みたいな…むぅ〜
大あくびして、猫の恋 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク