本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
汚名 スザンナ・カー
2017年04月23日 (日) 15:28 | 編集
汚名 ハーレクイン・ロマンス2014/7/11
スザンナ カー (著), 春野 ひろこ (翻訳)

---楽天---




汚名

スザンナ・カー

イザベラはローマの街角のさびれたカフェで、身重の体を抱え、住み込みのウエイトレスとして働いていた。愛するアントニオにいわれのない濡れ衣を着せられ、豪奢なアパートメントから身ひとつで追い出されたあの日、彼の兄ジョヴァンニは、弟の誤解を解いてやると言ったのだ。藁にもすがる思いで彼についていったイザベラは、長年にわたる兄弟間の確執など、知るよしもなかった。ジョヴァンニはイザベラに慣れない酒を飲ませ、そして…。絶望の淵をさまよいながらひっそりと身を隠すイザベラの前に、あろうことかアントニオが現れ、蔑みの形相で驚愕の事実を告げた。「兄は死んだ。そして、なぜか君に莫大な遺産を遺している」
----------------------
copyright 2013
Her Shameful Secret

兄弟間の確執に巻き込まれ翻弄されるヒロインを描く鬼ロマです。
お互いを信じられなくなった二人の葛藤がいい感じにえぐいお話で、私好みです。
面白かった。

あらすじ
かつては、精錬された美しい女性となり、イタリア語を流暢に操る自分の姿を夢見ていた。ローマの美術界で活躍し、愛と冒険を手に入れたいという野心や希望をいだいて。ほんのつかの間、すべてを手に入れたものの、それは彼女の指の間からすり抜けてしまった。
いまはお金にも困り、場末のみすぼらしい店で働いている。後数ヶ月でアメリカに戻りたければ、もっと必死に働かなければならない。アメリカに帰国する飛行機代をため、一からやり直す。もしかしたら、次はうまくやれるかもしれない。一つだけたしかなことがあるとすれば、それは彼女が失敗から学んだという事実だった。

アントニオ・ロッシは週末じゅう捜しまわった結果、ようやく彼と彼の一族を打ちのめしたといってもいい女をみつけ、対決しようとしている。今度はイザベラの大きな青い瞳と無垢に見える美しさにだまされたりはしない。こちらが主導権を握ってみせる。


冒頭の経緯。アントニオから話も聞かず追い出されたイザベラは、彼の兄ジョヴァンニの言葉に頼ってしまった。兄弟間の確執など知らないばかりに、そばにいれば望みがあると思ったのだ。だが、ジョヴァンニの思惑を知った時、イザベラは妊娠し、頼るあてもなく途方に暮れるしかなくなった。再び現れたアントニオからジョヴァンニの死と遺産を知らされ、イザベラは戸惑い拒絶する。だが、アントニオは彼女の妊娠を知ったことで、さらなる不審とともに、彼の母からの計略を聞かされ…

言い訳もおおいけど…どうなの?気づくのが遅くないか?とヒロインに突っ込みたくなる部分もあり。でも、兄の嘘を信じながらも、ヒロインを信じられない自分と葛藤するアントニオがむふむふと楽しい。ラストのあたりに必死な彼にほだされる。
どらまち〜〜っく!

海外ロマンス 読了一覧






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク