本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
シチリア大富豪の誤算 リン グレアム
2017年10月15日 (日) 00:13 | 編集
シチリア大富豪の誤算 (ハーレクイン・ロマンス)
2016/11/26
リン グレアム (著), Lynne Graham (原著), 藤村 華奈美 (翻訳)


シチリア大富豪の誤算

リン グレアム

亡き双子の姉が代理母出産した子を養うジェマイマのもとに、ある日突然、父親を名乗る男性が訪ねてきた。冷徹無比なイタリア人大富豪ルチアーノ・ヴィターレ――世にも美しい琥珀色の瞳に軽蔑をたたえ、彼は言った。「金だけ受けとり子供を連れ去るとは……きみはとんだ詐欺師だ」なんと姉はジェマイマの名をかたって出産し、姿を消したらしい。それでも私にとって、姉が遺したこの子が唯一の肉親だもの。ジェマイマは愛する甥と離れたくない一心で、母親になりすまし、シチリアにある彼の屋敷へ同行するが……。
——————————
copyright 2016
The Sicilian’s Stolen Son

妹の遺児を奪われたくなくて、ろくでなしの妹のふりをしたばかりに、ルチアーノの怒りを一身に受けるという鬼ロマです。
一眼で猛烈に惹かれあってしまうというセクシュアルな展開。
マフィアの息子という業を背負った彼が、心を普通の家庭を求めるあまり富豪らしいトンチンカンぶりを発揮してくれるのです。慈悲の心を持つジュマイマの健気さが良いです。

あらすじ
泣く子も黙るシチリアマフィアのボスだった男の一人息子、ルチアーノ・ヴィターレ。
彼を怒らせたらあとが怖い。楯突く人間にはきっちり報復することで知られている。いったいジュマイマ・ハーパーはわかっているのか?
そうとも。ルチアーノは思った。目的は果たす。欲しいものは必ず手に入れてきた。それ以下で我慢することなど考えられない。我が息子の幸せにかかわることだからなおさらだ。
自分の子だと証明されたら、どんな犠牲を払ってでも連れて行く。あんな母親の手に無垢な子供を託すわけにはいかない。

張りつめた空気のせいで吐き気がし、喉がつまって声も出ない。しっかりしなければ。それも今すぐに。ただ、おおまかな決心はすでについている。できるだけ長くジュリーのふりをして、ルチアーノがニッキーの父親としてどうなのか見極めよう。こちらの正体を明かせば、甥はすぐに連れていかれる。そう思っただけで、ジュマイマの心臓は止まりそうだった。

「子供のDNA鑑定をして、ぼくの子かどうか確かめたい」


冒頭の経緯。ジュマイマには生き別れた双子の姉ジュリーがいた。だが、再開したものの姉はジュマイマの養父母の家庭を壊し、彼女の名前で代理母出産しただけではなく、犯罪を犯していたのだ。
選んだ末の代理母が金の亡者だったことに激怒したルチアーノは息子を取り戻すべく、イギリスまでやってきた。
だが、すでに亡くなった姉の子に対してジュマイマは愛情をそそいでおり…

後半はシチリアの孤島での生活。熱い火花の末の歩み寄りのいつもの展開。
鬼度は低い。よくもなく、悪くもなく。
久しぶりに読んだのだが、昔のようなアクの強さがなくて、リンのファンからすると一般受けを狙った末のぼやけた印象かな。

リン グレアム 読了一覧

ロマンス 読了一覧



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ★参考になったらぽちっと★
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク