本読み隊
本の感想・紹介です 。主にコバルト文庫・角川ビーインズ・ビーズログ文庫・一迅社アイリスなどの少女趣味ライトノベル、ハーレクインなどの海外ロマンスなど、3500冊。★スマホからご覧になる方は「海外ロマンス読了一覧」など一部の記事のスクロールが長くなるの場合、”PC”ボタンでPCに切り替えて見ることをオススメです★
これは経費で落ちません! 2 経理部の森若さん
2018年02月18日 (日) 18:29 | 編集
これは経費で落ちません! 2 ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)2017/4/20
青木 祐子 (著),‎ uki (イラスト)


これは経費で落ちません! 2
経理部の森若さん

青木 祐子

経理部の森若沙名子、27歳。多くの領収書を処理する沙名子には、社内のいろいろな人間関係が見えてくる。周囲に与えた分以上のことは期待せず、されず、精神的にも経済的にもイーブンでいることを大切にする沙名子は、他人の面倒ごとには関わりたくないのだけど、時には巻き込まれることも。ブランド服、コーヒーメーカー、長期出張…それは本当に必要なものですか?
--------------------------------

彼女の矜持は、イーブン。
面倒ごとは避け、人との関わりも深入りせず、自分の規則正しい生活パターンをきっちり守る、経理という仕事柄にふさわしい淡々とした大人の女性。
そんな彼女が、経理部に訪れる問題児たちをスルーしつつ、天真爛漫な営業マン太陽と関わることで、少しずつ変化していく姿がじれったくも愛らしい物語です。
器用そうで、不器用な生き方の沙名子さん。そんな彼女の視点に共感を感じるかどうかは、読んでみないとわかりにくい。が私は好き。

あらすじ
今のところふたりは「友達」である。たぶん。
会社の人間とは友達にならない。というのは沙名子の方針である。そう伝えると太陽は、沙名子さんがそうなのはわかっているけど俺はそうじゃないと言った。
山田太陽は天天コーポレーションの営業部員。沙名子は営業部の経理担当である。おしゃべりなのはわかっていた。
すべてがネタなのか、それとも本気なのか、そのすれすれあたりを狙っているのか。駆け引きめいた会話は会社だけで十分である。太陽がプライベートでもそういうタイプなら、たぶん、二回会うことはなかったと思う。
しかし太陽は意外と優しく、そして率直なのだった。


冒頭の経緯。太陽の懇願で、月に2回一緒に食事をするようになったプライベートの沙名子さん。自分の規則正しい生活に太陽との時間があることに複雑な気分。
一方、仕事面では、ブランドものの高額なシャツ代を請求してくるやり手の広報課、皆瀬織子の裏がきになりはじめる。さらに、コーヒーメーカーを買うことの便利性について女子社員同士で険悪な雰囲気。関わるまいとする沙名子さんだけれど…。
太陽が話ず営業トップの山崎柊一は何を考え、同じ経理部の孤高の人・田倉勇太朗は何に関わっているのか…

経理の絡んだ推理ものっぽくしたいのか、恋愛にしたいのか、ちょっと中途半端に感じるところもあるかも。推理部分をもっとほりこんだらもっと面白くなりそうな気もする。でも、おそらく作者は関わってくる様々な人間の表と裏の面を書きたいのだろうなと思う。
その辺りを楽しめるとハマる。
太陽、いい線押しているぞ!沙名子さんの鉄壁のルーティーンを崩せるのはきみしかいない!頑張れ!

****って、もう、3巻出てるし!
これは経費で落ちません! 3 ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)
関連記事
Powered by . / Copyright ©本読み隊All Rights Reserved→m117117/Template by sukechan.
スポンサードリンク